Q'd 株式会社 東京エネシス

四半期財務データ(連結)

エグゼクティブ・サマリー

当四半期決算に関する定性的情報

1.経営成績に関する説明
わが国の経済は、雇用環境の改善に伴う個人消費の拡大や生産性・収益性の向上を目的とした企業の設備投資が牽引役となり、緩やかな回復基調が続きました。一方で当社グループを取り巻く経営環境は、電力小売全面自由化による電力の販売競争が激化し、お客さまからコスト削減を強く求められているなど、厳しい状況が続いております。

こうした状況の中、当社グループは、エネルギーとシステムを支える事業を通じて、暮らしのより確かな基盤をつくり、社会に貢献していくため、既存事業領域を堅持することはもちろんのこと、これまで培ってきた工事会社としての技術力を活かせる事業分野の開拓にも努めてまいりました。

具体的には、各火力・原子力・水力発電所の点検手入工事や修理工事、福島第一原子力発電所の廃止措置関連や福島復興関連業務、原子力発電所の安全対策関連工事、さらに石油化学プラントの発電設備関連工事、コージェネレーション関連工事、大型の太陽光発電設備設置工事等について、全社を挙げて取り組んでまいりました。

この結果、受注高は、前年同期比91億45百万円増の380億28百万円、売上高は、前年同期比43億52百万円増の305億77百万円となりました。

利益面につきましては、売上高の増加等により、営業利益は、前年同期比2億20百万円増の21億61百万円、経常利益は2億47百万円増の22億57百万円となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比1億44百万円増の14億96百万円となりました。

セグメント別の業績は、次のとおりであります。

(設備工事業)
受注高は、原子力部門における福島第一原子力発電所の廃止措置関連等及びエネルギー・産業部門における各火力発電所の点検手入工事等が増加したため、前年同期比91億32百万円増の373億75百万円となりました。売上高は、エネルギー・産業部門において、石油化学プラントの発電設備関連工事や太陽光発電設備設置工事等が増加したため、前年同期比43億39百万円増の299億23百万円となりました。

(その他の事業)
受注高及び売上高は、前年同期比74百万円増の5億37百万円となりました。

経営成績の推移

売上高(百万円)

2016年度2017年度

(単位 : 百万円 / *は予想)

年度 1Q 2Q 3Q 通期
2017 16,491 30,577 * *74,000
2016 11,862 26,224 39,858 73,558

営業利益(百万円)

2016年度2017年度

(単位 : 百万円 / *は予想)

年度 1Q 2Q 3Q 通期
2017 905 2,161 * *5,900
2016 859 1,940 2,723 5,836

1Q:第1四半期 2Q:第2四半期 3Q:第3四半期

TOP