Q'd 株式会社 東京エネシス

ISO情報

ISO認証について

当社は、主力とする設備工事を通じ顧客に対して品質の高い工事を提供するため、1998年に品質マネジメントシステム(ISO-9001)の認証を取得し、これに基づき業務運営を進めてきました。

さらに企業運営上の重要要素である「社会や周辺地域に対する環境保全」そして「社員や作業員の労働安全衛生の保障」についてもシステム化を検討し、2006年3月に品質マネジメントシステムを基軸に環境及び労働安全衛生マネジメントシステムを取り込んだ統合マネジメントシステムを構築し現在に至ります。

適用規格 適用組織 認証登録日 登録範囲
ISO 9001:2008
JIS Q 9001:2008
全社 1998年7月24日
(YKA0958183)
火力・原子力・水力発電所、変電所及び一般諸施設向け機械・電気・土木・建築並びに情報通信関係諸施設の設計、製造、建設/据付及びメンテナンス

※審査登録機関は Lloyd's Register Quality Assurance Limited

品質、環境及び労働安全衛生に関する方針PDFをダウンロード(243KB)

当社は、「エネルギーとシステムのためのデザインとコンストラクション」という事業活動を通じて「暮らしのより確かな基盤をつくる」ことにより社会に貢献することを使命とし、これまで取り組んできた社会インフラにかかわる機械設備、電気設備、通信設備等に関する設計、建設、据付及びメンテナンスに加え、その周辺へも領域を拡げ事業を展開します。

これらの事業において、常に顧客満足度の向上を目指すとともに、地球にやさしい環境施策の推進及び労働者の安全・衛生の確保に万全を尽くし、社会から信頼される企業を目指します。

これらを推進するにあたって次の事項を基本方針とします。

基本方針
  • 1.顧客の安心と満足が得られるよう常に品質の高い業務を遂行します。
  • 2.環境保全への取り組みの社会的意義を認識し、環境負荷の軽減に努めます。
  • 3.企業活動の基本である安全で快適な職場づくりに努め、精力的に労働災害の撲滅と多様性のある働き方への改革に取り組みます。
  • 4.社会が要求する透明性の高い事業展開を行うため、関連する法令・基準及び社内ルールを遵守します。
  • 5.統合マネジメントシステム(品質・環境・労働安全衛生)を着実に運用し、適切性、妥当性及び有効性について継続的に改善します。

2017年4月1日

TOP