Q'd 株式会社 東京エネシス

行動憲章

東京エネシスグループ企業行動憲章制定にあたって

私たち東京エネシスグループは「暮らしのより確かな基盤をつくる」との経営理念のもと、エネルギーとシステムのより安全、確実な供給をサポートするという企業活動をつうじて、最適品質とサービスを提供することにより、社会に貢献することが、自らの存在意義であり、果たすべき社会的責任であります。

東京エネシスグループは「安全の優先」「企業倫理の遵守」「地域との共生」を最優先にバランスのとれた企業活動を行うことにより、この社会的責任を果たすことで社会からの確かな信頼をいただき、自らの企業価値を高め持続的成長をはかることができると考えております。

このため、東京エネシスグループの持てる知恵と力を結集して、明るい職場作りを進め、法令・規則の遵守を徹底するとともに、より高い道徳観、倫理観を持って企業活動を行う重要性をグループ内に徹底するため「東京エネシス企業行動憲章」を改定し、グループ企業の行動原則のあり方を示す「東京エネシスグループ企業行動憲章」を制定しました。東京エネシスグループは、この企業行動憲章に沿った活動を実践し、社会的責任を着実に果たしてまいります。

このグループ企業行動憲章を実効あるものとするため、経営トップをはじめ各級管理者は、本憲章の精神がグループ企業の構成員に着実に浸透し、具体的な行動に結びつくよう、社内体制を整備し率先垂範して行動いたします。また、本憲章に反するような重大な事態が発生した場合には、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明と再発防止に努めるとともに、情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にしたうえ、自らを含め厳正な処分を行います。

2007年1月9日

東京エネシスグループ企業行動憲章PDFをダウンロード(107KB)

私たち東京エネシスグループは、エネルギーとシステムのより安全、確実な供給をサポートし、暮らしのより確かな基盤をつくることを使命として、企業活動を行っています。このためには、私たちが社会の一員として、広く社会のために役立ち、社会から信頼されることが重要であり、企業として、また個人として、より高い次元での道徳観、倫理観に裏付けられた意識を持ち、行動するために「東京エネシスグループ企業行動憲章」を定めます。

1.人を大切にし、安全を優先に考えます
私たちは、人権を尊重し、いかなる差別も行わず個人情報や公益通報者の保護などを徹底します。また、社会の皆さまと東京エネシスグループ企業および協力会社の構成員を含めた安全を最優先とした企業活動を推進します。
2.企業倫理を徹底します
私たちは、法を遵守するとともに、社会の常識や倫理を踏み外さないように公私のけじめをわきまえて誠実に行動し、企業倫理を徹底します。また、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力には、毅然とした態度で臨みます。
3.公正・透明な企業活動を行います
私たちは、公正で透明性の高い企業活動をつうじて自由な競争ならびに適正な取引を行います。また、政治、行政、社会とは健全かつ正常な関係を維持します。
4.技術とサービスの品質を向上させます
私たちは、一人ひとりが、たゆまぬ研鑽を行い、お客さまのニーズや信頼に応えられるように品質の向上をはかるとともに、新しい課題に挑戦し、社会に歓迎され役立つ技術とサービスを提供します。
5.環境問題に積極的に取り組みます
私たちは、地域の自然・生活環境はもとより地球規模での環境保全の大切さを認識し、企業活動をとおして自主的かつ積極的に環境問題に取り組みます。
6.豊かな社会の実現に貢献します
私たちは、企業の社会的責任を果たすために、地域との共生を基本に、社会の発展に貢献する活動を行います。
7.企業情報を適時適切に開示します
私たちは、お客さまの声に耳を傾けるとともに、株主、取引先ならびに社会に対し、幅広いコミュニケーションを確保し、企業情報を適時適切に開示します。
8.明るく活力ある職場をつくります
私たちは、安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、明るく活力ある職場をつくります。

以 上

2007年1月9日制定

TOP